トイレットペーパーを流さない国~韓国・トルコ・エジプト

トイレットペーパーを流さない国はどこ?

トイレットペーパーを流さない国が他にありましたら、参考までに教えてください。

ソウルに行って来ました。韓国って、基本的に、トイレットペーパーは流さず、脇の大きなゴミ箱に捨てるようになっていて、びっくりしました(“流して”と注意書きがあり、ゴミ箱のないところもありましたが。免税店だったかな?)。戻ってから韓国の旅行のサイトの掲示板を見たらその話題が。理由についても、

 1.排水の処理能力の問題
 2.水資源の節約のため
 3.(1の理由に対し)今は処理能力に問題ないが、習慣上続いている
 4.(3の理由に対し)今も民家や小さいお店などは処理能力が弱い、実際によく詰まる

と、諸説ありました。2について、「先進国はこの方式が珍しくない」との意見があったのですが、他に聞いたことはありません。とりあえず、行ったことのあるアメリカとかイギリスとかは普通に流していましたし。かといって、韓国の件もガイドブックなどでも目にしたことがありません。こういう情報も書いておいてくれればいいのに・・・。知らずに流して、詰まらせてしまったりとかは恐いですから(でも、身に付いた習慣上、うっかり流してしまうことが多かった。宿泊したホテルでは流していたし。無事だとよいのですが・・・)。

教えて!gooより




トルコ・エジプト・マレーシア・ケニア・タンザニア、アルゼンチン、中南米(メキシコ・ガテマラ・ホンジュラス・パナマ)、ヨーロッパなど、トイレットが終わった後に流さない国がこんなにあるそうです。


日本の常識は、世界の非常識、世界の常識は日本の非常識。お国柄というものでしょうか。


文化の違いや国民性は、時として、自国の常識ではなかなか理解するのに難しいことがたくさんあります。


理由はあれど、トイレットペーパーを流さない国があるということがちょっとショックですよね。


トイレットペーパーは流すためにあるものだという常識でしたから。





メニュー

(1)

関連グッズ

オシャレで上品なティッシュケース
コンパクトな木製のトイレットペーパーの為の上品なティッシュケース Color MINI(カラーミニ)。天然素材ならではのやさしく温かな風合いと職人さんの手による洗練されたフォルムはティッシュケースとは思えないほど美しいデザインです。トイレットペーパーの幅など気にすることなく経済的に使えることが節約にも活かされます。 ※トイレットペーパーの場合、トイレットペーパーの幅をそのままティッシュケースボックスにセットするだけです。

トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレットペーパーは無くてはならない生活必需品です。 これが無ければ、お尻の清潔は保てません。 当サイトでは、トイレやトイレットペーパーに関する最新の知識や雑学、情報、ニュースを中心に、日常生活全般にわたるおすすめの記事やコラムが満載です。トイレットペーパー・トイレに関するうんちく・雑学をはじめ、ネットショップ通販における、激安価格で販売されているトイレットペーパーや珍しいトイレットペーパーをご紹介します。 サイト運営者:Hiromi Saito
ブログランキング・にほんブログ村へ



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス