トイレットペーパーの「ミシン目」について


トイレットペーパーに一定の間隔でついている「ミシン目」。


だいたいどのトイレットペーパーも20cm間隔くらいでミシン目がついている。


あの『ミシン目』はどういう意図で作られているのか。


ミシン目間隔の付け方は、設備メーカーやメーカーによってまちまち

しかし、多くの場合、ミシン目一つの間隔では、1回の使用量としては少なすぎるはず。


ある小学校では、節約のためか「1回のトイレットペーパーの使用は30cmまで」などという訳のわからない決まりがあるらしい。


仮に「30cm」が一般の人が使う最小単位だとしても、やっぱりミシン目の間隔は中途半端。


各自の使用量が違うので、必要に応じて効率よくカットしなければならない。


トイレットペーパーはもともと、アメリカで作られはじめた商品。


日本で初めてトイレットペーパーを作った際は、アメリカの製品が基本となっており、ミシン目の間隔についても、アメリカでよく使用される単位をもとに決められ11,4cmという間隔になっています。

現在のミシン目間隔は、11,4cmのものと22,8cmのものが主流だそうです。



メニュー

(1)

関連グッズ

オシャレで上品なティッシュケース
コンパクトな木製のトイレットペーパーの為の上品なティッシュケース Color MINI(カラーミニ)。天然素材ならではのやさしく温かな風合いと職人さんの手による洗練されたフォルムはティッシュケースとは思えないほど美しいデザインです。トイレットペーパーの幅など気にすることなく経済的に使えることが節約にも活かされます。 ※トイレットペーパーの場合、トイレットペーパーの幅をそのままティッシュケースボックスにセットするだけです。

トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレットペーパーは無くてはならない生活必需品です。 これが無ければ、お尻の清潔は保てません。 当サイトでは、トイレやトイレットペーパーに関する最新の知識や雑学、情報、ニュースを中心に、日常生活全般にわたるおすすめの記事やコラムが満載です。トイレットペーパー・トイレに関するうんちく・雑学をはじめ、ネットショップ通販における、激安価格で販売されているトイレットペーパーや珍しいトイレットペーパーをご紹介します。 サイト運営者:Hiromi Saito
ブログランキング・にほんブログ村へ



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス