トイレットペーパー-情報-ブリーフケース型携帯簡易トイレ

日本人の発想もかなりなもの。

「日本のヘン発明」として、アメリカでも超!受けたらしいです。

「出物、腫れ物と頃かまわず」といいます。


スーツ姿のビジネスマンには、ぴったりなブリーフケース。

が、しかし、蓋を開けてみると、便座つきの簡易トイレに、早変り。

なかなか、ユーモアのセンスは、日本人離れしてますね~♪





トイレの真実!トイレを利用して手を洗わない人の割合は?

トイレできちんと手を洗っていますか?

公共トイレでリサーチをしたアメリカンソサエティーフォーバイオロジーによると、90%の女性が石鹸を使って洗っているのに対し、75%の男性は手を洗わないという結果が出ていたが、これはアメリカのお話。

日本では、公共トイレと給食直前の小学校の手洗い場で花王生活文化研究所がリサーチしたところ、石鹸が設置されているにもかかわらず、使う人は少なく、水洗いだけの手洗い時間は2~3秒という結果が出ているようだ。

厚生省生活衛生局による「正しい手洗いマニュアル」通りに全行程を終えると120秒はかかる。これは特に食中毒や感染症に向けて作られたもののようだが、洗面所で2分も手を洗っている人は滅多にいない。大腸菌群の殆どは食中毒原因とはされないらしいので、日常生活における手洗いはもう少し簡易的なものでもよいのでは? と思ってしまう反面、トイレ後の手洗いに、たった2分かけられないのか? という意識もある。

片手一つ取っても、確認できる細菌は105個以上もあるという。その殆どは食中毒原因菌などではなく、普通の健康な人には害がない細菌で(皮膚常在菌)、この菌が悪い菌を防御しているとも考えられているそう。
この皮膚常在菌は薬用石鹸を使っても簡単に減ることはないということで、石鹸を使用したからといって菌がなくなる、という訳にもいかないらしい。
かと言って「洗わない」というのも不潔すぎる。
科学的な根拠はどうあれ、トイレ後の石鹸手洗い、実行しましょう!(シカゴ/あらた エキサイトニュース)
・厚生省生活衛生局食品保健課:手洗いマニュアル

関連ページ
■トイレ関連おすすめ商品・グッズ
■【サイト案内】トイレットペーパーの幅が1センチ短かったら?

自分のお尻にあったトイレットペーパー探し

トイレットペーパーの種類は様々です。


お尻を拭いたときに、肌触りがとっても気持ちが良いトイレットペーパーとの出会いはうれしいものです。


でも、トイレットペーパーって、つくづく贅沢品なのではないかと思う時があります。


母から聞いた話ですけれど、昔はトイレでは新聞紙を使ってお尻を拭くことがあったのだそうです。


トイレで、新聞を読む癖のある人がいますが、トイレで新聞紙を使ってお尻を拭いていたこととなにか関係があるのでしょうか?


昔は、新聞紙みたいな硬い紙も、お尻を拭くときには、軽く揉み解さなければ、肛門さんがかわいそう。



いまは、お尻も恵まれた時代で、水洗トイレでそんなことしたら、トイレが詰まっちゃうかもしれませんね。


普段使うトイレットペーパーは、毎日使うものあまり高いものをつかうと、もったいないですよね。


トイレットペーパーは、確かに値段が高さに比例して、使用感も良くなっているように感じます。



でも、時としてたまには、良い物を使ってみようとして、高級なトイレットペーパーを購入してもがっかりするときもあるものです。


普段使っているものよりも、もっと気持ちよくお尻を拭けるトイレットペーパーを探しだすための方法について少し。



某製紙メーカーの意見では、「パッケージで“パルプ100%”や“再生紙100%”などの材質表示を
見ていただくと参考になるかもしれません。



パルプの方がやわらかく、再生紙の方が少し硬い場合が多いです」



また、「紙の表面には、ふっくらするよう凸凹のエンボス加工が施してあるんですが、それも判断材料にはなりづらいです。工場によってプレスが微妙に違いますので、凸凹に誤差が出ることもあります」といいます。




この凸凹のエンボス加工は、お知りの清潔を保つ為には、とても効果はあるかと思いますが、使用するときのお知りの心地よさにつながらない場合もあるかもしれません。



少々、値は張るものの保湿力をうたったトイレットペーパーは、ふき取る時と、お尻に対するやさしもかなり極上の使用感を得られます。



ですから、普段、使っている安価なトイレットペーパーも使い方によっては、満足のいく、お尻にやさしい紙に変身する方法を探しています。





【送料無料】【平日即日発送】Forestway/トイレットペーパー 個包装65m(エンボス加工)100ロール

東司(トイレ)の守護神、烏彗沙摩明王を祭るお寺「明徳寺」

“トイレの神”へお参り

うちのトイレ、よくつまるんですよ。このあいだなんて、水が大量に溢れて大変な事になりました。
今年に入って3回目。一体どうしたらよいものかと家族で悩んでいたところ、そうだ、トイレの神様をお参りしてみようと思いたちました(たまたま伊豆へ旅行に行ったので、立ち寄ってみただけですけどね)。

それは全国でも珍しい、東司(とうす:トイレのこと)の守護神、烏彗沙摩明王(うすさまみょうおう)を祭る珍しいお寺、明徳寺。お寺なのに「神様」を祭るというのもすごいなあ。売店の女性に聞いてみたところ、「昔からお寺の東にトイレがあったのよ。だから東司なの」とだけ答えてくれた。そんな適当な理由で作ったのか!?

しかしこのお寺の売店、下着類が多い。子供用、婦人用、男性用とサイズも豊富に揃っています。見たところ普通の下着なのですが、祈祷済みということで、これを履けば、下の病気にならないとか。
「最近頻尿気味だしな……」と、父がトランクスを購入。男性用はチェック柄とかわりとお洒落なのに、女性用(写真上)はベージュとか肌色ばかりでデザインはイマイチ。もっとお洒落だったら買うんだけど(「祈祷済み勝負下着」ってあったら売れそう)。
下の病気も心配だけど、家のトイレの具合も心配です。トイレに貼るお札も購入。これこれ、これが欲しかったんですよ。

境内の奥には、「男性女性のシンボル」が祭られていました。「おまたぎ」「おさすり」といって、またいだりさすったりすると、一生下の世話にならないそう。他にもボケ封じのお地蔵様もあり、盛りだくさんのスポットでした。

家に戻ってさっそく購入したお札を貼ることに。袋に「文字のみのお札は入り口のドアの上の壁に、お姿のお札は用を足す正面に貼ってお祀りください」と書かれ、「トイレを清浄に、心を豊かに、無事に過ごされますよう真言を称え」とも。
家族で「詰まらないよう、溢れないよう、どうかトイレをお守りくださいませ」と念じる。
願いが通じたのか? 今のところトイレはつまっていません。
(いなっち エキサイトニュース)

明徳寺、静岡県伊豆市市山234、電話 0558-85-0144

関連ページ
■トイレ関連おすすめ商品・グッズ
■【サイト案内】トイレットペーパーの幅が1センチ短かったら?

「音姫」から知る日本人のトイレのこだわり

女性なら誰でも知っている「音姫」。トイレでのプライバシー音を消す装置である。

さっそく音姫を開発したTOTOに話をうかがってみた。
「25秒というのは、社内モニターで算出しました。排尿時間の平均+αを想定しています」

TOTOと言えば、ウォシュレットを開発した時に社員の協力を得てノズルの位置を設計したというエピソードが有名。やはり、音姫開発にも社員のみなさんの協力は不可欠だったようである。「当時はまだ社員ではなかったので詳しくは分からないのですが、おそらくストップウォッチなどを使って個人個人で計ったと思われます」と広報の後藤さん。

音姫が発売されたのは、1988年5月。開発のきっかけは、1978年の福岡での大渇水があったという。日本の多くの女性は、公共のトイレで用をたす際に音消しとして便器洗浄の水を流す習慣があった。いわゆる2度流しである。これだと単純に見積もっても倍の水を余計に使ってしまう。

各トイレの設定によるが、1回流すと10~15リットルもの水を使う。音を消すだけにこれだけの量の水を使ってしまうのは、明らかに資源の無駄使い。そんな無駄使いをなくそうと考え出されたのが、流水音の擬音装「音姫」だった。

TOTOのHPには、「音姫」節水効果事例が掲載されている。それによると松下電器産業(株)で全国43の事業所に「音姫」を1516台取り付けたところ、水道料金を年間6,400万円削減できたのだそうだ。すごい「音姫」効果だ。それと同時にトイレの音を気にする女性の多さにびっくりである。

このトイレの音を気にするのは、世界的にみて日本人が圧倒的に多いのだそうで「音姫」は日本でのみ販売されている。「日本女性の独自の羞恥心なので、海外からいらした女性は日本のトイレに擬音装置があることに驚かれています。」こんなところにも日本ならではの文化があったんですねぇ。

水は大切な資源、無駄使いはやめましょう。 (エキサイトニュース)

関連ページ
■トイレ関連おすすめ商品・グッズ
■【サイト案内】トイレットペーパーの幅が1センチ短かったら?


メニュー

関連グッズ

オシャレで上品なティッシュケース
コンパクトな木製のトイレットペーパーの為の上品なティッシュケース Color MINI(カラーミニ)。天然素材ならではのやさしく温かな風合いと職人さんの手による洗練されたフォルムはティッシュケースとは思えないほど美しいデザインです。トイレットペーパーの幅など気にすることなく経済的に使えることが節約にも活かされます。 ※トイレットペーパーの場合、トイレットペーパーの幅をそのままティッシュケースボックスにセットするだけです。

トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレットペーパーは無くてはならない生活必需品です。 これが無ければ、お尻の清潔は保てません。 当サイトでは、トイレやトイレットペーパーに関する最新の知識や雑学、情報、ニュースを中心に、日常生活全般にわたるおすすめの記事やコラムが満載です。トイレットペーパー・トイレに関するうんちく・雑学をはじめ、ネットショップ通販における、激安価格で販売されているトイレットペーパーや珍しいトイレットペーパーをご紹介します。 サイト運営者:Hiromi Saito
ブログランキング・にほんブログ村へ



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス