トイレの進化は節水の歴史

どんな場所でも、一番大切となるところがあります。それは、トレイです。人間はトイレなしでは生活できません。ですからどんな場所でもトイレがありますし、トイレに使われている水の量は、かなりの量になることも知られています。

トイレタンクにたくさんの予備水がたまっていますが、それが一気に全部の水が流れる仕組みとなっているのは、とても必要以上の水を使用しているのではないかと感じる事から、節水のためにペットボトルを入れて水の量を減らすといった工夫が話題になりました。

水道料金には、トイレの水の使用量も含まれているので、トイレの節水を試みることで、水道料金が随分違うとよく聞きます。今のトイレは、メーカーによって工夫された物が多く発売されています。トイレの便器部分が汚れにくい加工になり、水が少量でも綺麗に流しきることもできるんです。

トイレは、どんどん近年進化をし続けています。中には、驚くぐらい効率的なシステムを導入しているトイレもあり、研究されています。そういったトイレの節水もテーマのひとつですが、資源を大切に、よりよい環境を提供できるトイレを導入しますと、水道料料金もそうですが、コスト削減につながる、またエコとしても注目されています。

また、スムーズに効率的なトイレの節水が促せる仕組みを提要したサイトなどもありますので、ホームページからも、より詳しい内容がご覧いただけると思います。トイレ環境の将来的なことを検討されている方には、とても朗報なシステムといえるでしょう。トイレは、まだまだ進化しそうですね。

医師でタレントの西川史子さんシャワーでトイレをする!!!?

トイレで用を足さずに、シャワーで一緒にトイレをする人が、結構いるらしい。

お風呂とトイレが一緒になったユニットバス形式の浴室があるけど。

ビジネスホテルなどそんなユニットバスのトイレがある。

そんな場所でも、トイレはトイレ、お風呂はお風呂を使用するよね。

しない人いるかな?

結婚して今住んでいる家のお風呂とトイレは、セパレートになっている。

あたしの場合は、夏場のお風呂は、大方は、シャワーで済ますことが多い。

でも、シャワーと一緒に、オシッコなんてしたことないし、第一、そんな場所で出るかどうか。まあ、オシッコをシャワーと一緒に流すなんてこと嫌だし、お風呂が汚れるような気がするし・・・。


でも、医師でタレントの西川史子さん「節約のために、シャワーを浴びながら風呂場で小便を一緒にする」と自ら言ってたらしい。


西川史子さん「節約のために、シャワーを浴びながら風呂場で小便 ...


 梅雨明け前だというのに、この猛暑。しかも、今年は「節電の夏」だ。クーラーは止めたくない。ほかに身の回りでできる節電といえば、トイレだろう。

 ドアを開けるだけで便座のふたが開き、おしりを洗ってくれて、自動的に水も流してくれる。その至れり尽くせりも、電力に余裕があればこそだ。

 しかし、あの快適さを手放すなんて、という人は多い。そこで思い出すのが、1年前に話題になった、あの意表をついた「エコ」なライフスタイルのことである。

 ブラジル出身のスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンさんが、水洗トイレの使用で水を無駄にしないため、「シャワーの最中におしっこをしよう」と自らのブログなどで呼びかけたのだ。

 日本にも、いた。医師でタレントの西川史子さんが、やはり「エコを意識して、節約のために、おしっこはシャワーを浴びながらしていた」と、自らテレビ番組で明かしたのだーー。

http://www.aera-net.jp/summary/110710_002478.html


トイレットペーパーが中国の小さな工場で作られる様子

「カラパイア」っていうサイトで見つけたんだけど、中国の小さな工場で製造されるトイレットペーパーの様子を詳しく記事にしてた。

中国は、急速に近代化が進んでいる。

下水道の整備もすすみトイレットペーパーの消費量もうなぎ上りに増えているらしい。

原材料は、廃品回収などで集められた、古紙を再生する。

とはいっても、小さな工場のトイレットペーパーの作り方は、機械と手作業が半分づつといった具合。

完成したトイレットペーパーを袋に詰めるのも手作業。

トイレットペーパーを作った後に出た紙の廃棄物は、近くの川に垂れ流し状態。


中国の小さな工場ではこのようにトイレットペーパーが作られている。

tyuugokutoirettope-pa-.jpg


中国の小さなトイレットペーパー工場。廃品回収やゴミ拾いなどで集めた紙類を、かなり旧式の機械でトイレットペーパーに加工していく過程が画像にて紹介されていた。作業環境はもちろん、トイレットペーパーを作る際に出される廃棄物の処理なんかも問題になっているようで、急速に近代化が進んだ中国では、まだ法整備が追いつかないという現実が問題となっているようだ。

詳細:続き>>こちら

関西空港のトイレは、世界一美しい!

関西国際空港のトイレは、

世界の空港の中でも1番の美しいとTVで言ってました。

正確には、世界一清潔なんです。

嬉しいですね。

関西空港にには、何回か言ったことはあります。

確かに、綺麗なことは綺麗だったと思うけど、世界一だとは知りませんでした。

とても、恐れ多いことです。

トイレをきれいに使用していただくために、殿方用の立ってする便器には、こんなマークがついてるんですね。

kannsaikuukoutoire.jpg

関西空港を訪れた世界の人達に認められたわけですから、鼻高々でしょう。

でも、世界一を維持するために、毎日の清掃や綺麗で美しいトイレの空間を保つための維持管理はさぞかし、大変なのでしょうね。

日本のトイレ事情は、世界と比べれば、やっぱり世界一なのかもしれません。

だって、公衆トイレでトイレットペーパーは、タダで使用できるのですから。


トイレから出られずに観光フェリーが座礁!

自宅でトイレに閉じ込められることもあれば、船の中でトイレに閉じ込められることもある。

でも、閉じ込められた人が、船の船長だった。

しかも、そのフェリーは、航行中。

トイレのカギが壊れていたそうですけど、これからは、船長、カギをかけずに用を足すことにすると行ったかどうか・・・。

まあ、船長がトイレに閉じ込められている間に、船員が何とか船の減速に成功したそうですが、座礁を食い止めることが出来なかったようです。

でも、車でもなんでも運転中、いくらトイレでも船長が簡単にトイレに用を足しに、離れていいものでしょうか?

フィンランドで観光フェリーが座礁、船長がトイレから出られず

乗客54人を乗せたフィンランドの観光フェリーが、船長がトイレに閉じ込められ、座礁した。フィンランドの沿岸警備隊が19日明らかにした。座礁により一部の乗客が軽傷を負ったほか、フェリー内の食器などが破損した。

船長不在の中、乗船スタッフがフェリーの減速に成功。ただ、フェリーは停止することなく、ヘルシンキ近郊の海岸にある岩にぶつかり、座礁した。

沿岸警備隊によると、船長は鍵の壊れたトイレから出ることができず、助けを求めていたという。

沿岸警備隊は、船長の行動を結果的に危険をもたらす行為だとして犯罪性があったかどうかを捜査している。

ロイター



メニュー

関連グッズ

オシャレで上品なティッシュケース
コンパクトな木製のトイレットペーパーの為の上品なティッシュケース Color MINI(カラーミニ)。天然素材ならではのやさしく温かな風合いと職人さんの手による洗練されたフォルムはティッシュケースとは思えないほど美しいデザインです。トイレットペーパーの幅など気にすることなく経済的に使えることが節約にも活かされます。 ※トイレットペーパーの場合、トイレットペーパーの幅をそのままティッシュケースボックスにセットするだけです。

トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレットペーパーは無くてはならない生活必需品です。 これが無ければ、お尻の清潔は保てません。 当サイトでは、トイレやトイレットペーパーに関する最新の知識や雑学、情報、ニュースを中心に、日常生活全般にわたるおすすめの記事やコラムが満載です。トイレットペーパー・トイレに関するうんちく・雑学をはじめ、ネットショップ通販における、激安価格で販売されているトイレットペーパーや珍しいトイレットペーパーをご紹介します。 サイト運営者:Hiromi Saito
ブログランキング・にほんブログ村へ



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス