【中国】:「トイレレストラン」が若者や家族連れで人気

中国山西省太原市で28日、トイレをテーマとしたレストランが開店し、多くの若者や家族連れが足を運んだ。29日付で中国新聞網が伝えた。便器型の座席の上には“渦巻きうんこ”型のクッション。料理はすべて便器型の食器で提供される。店の内装はもちろんトイレをイメージしたもの。トイレをテーマにしたレストランは同省初。若者や家族連れでにぎわっている。新華社日本語経済


【アフリカ】:選挙用ポスターをトイレットペーパー代わりに使った男

ムガベ大統領ポスター、トイレで使用=ジンバブエの男性逮捕

アフリカ南部ジンバブエで、7月末の大統領選に勝利したムガベ大統領の選挙用ポスターをトイレットペーパー代わりに使った男性(26)が選挙法違反の疑いで訴追された。地元メディアが28日、伝えた。男性は大統領選投票日を1週間後に控えた7月24日、用を足すため、ムガベ大統領のポスターを手にバーのトイレに入ったところを目撃され、取り押さえられた。男性はポスターを細かく破っていた。ジンバブエでは、選挙用ポスターを取り外すことは選挙法で禁じられている。時事ドットコム


【富士山】:公衆トイレの維持管理費が高額

富士山の公衆トイレ、高額維持費に困った

 世界文化遺産に登録された富士山で、公衆トイレの高額な維持管理費に関係者が頭を悩ませている。山頂などに6か所ある公衆トイレの維持管理費は年間計約7640万円に上り、このうち年間5000万円以上を、設置した国や静岡、山梨両県などが負担している。富士山では公衆トイレや山小屋を問わず、利用者には1回100~300円の「協力金」の支払いを呼びかけているが、維持管理費をまかなうにはほど遠い。このため、富士山で今年試験徴収が実施された入山料(利用者負担)の一部を維持管理費に充てるよう求める声も上がっている。読売新聞


【中国】:公衆トイレで便器のお漏らし罰金!

便器の外に漏らすと罰金 中国深センの公衆トイレ、9月から

中国広東省深●(=土へんに川)市がこのほど、市内の公衆トイレで小便を便器の外に漏らすなど利用者に「非文明的な行為」があった場合、罰金100元(約1600円)を徴収するとの新規則を発表、物議を醸している。20日付の中国紙、南方都市報などが伝えた。産経ニュース


ミランの「バロテッリ」の車がトイレットペーパーでグルグル巻きに

サイン断ったバロテッリ、愛車がトイレットペーパーでグルグル巻きに

 ミランに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、ファンにいたずらをされたと、スイスメディア『LiberaTV』が報じている。事件は15日の午後に起きたようで、イタリアとの国境に近いスイスのルガーノをバロテッリが訪れた際、愛車の真っ赤なフェラーリを降りた後、若者のグループに見つかってしまう。サインや写真をせがまれたバロテッリだったが、全てに断りを入れ、その場を去っていった。サーチナ




メニュー

関連グッズ

オシャレで上品なティッシュケース
コンパクトな木製のトイレットペーパーの為の上品なティッシュケース Color MINI(カラーミニ)。天然素材ならではのやさしく温かな風合いと職人さんの手による洗練されたフォルムはティッシュケースとは思えないほど美しいデザインです。トイレットペーパーの幅など気にすることなく経済的に使えることが節約にも活かされます。 ※トイレットペーパーの場合、トイレットペーパーの幅をそのままティッシュケースボックスにセットするだけです。

トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレットペーパーは無くてはならない生活必需品です。 これが無ければ、お尻の清潔は保てません。 当サイトでは、トイレやトイレットペーパーに関する最新の知識や雑学、情報、ニュースを中心に、日常生活全般にわたるおすすめの記事やコラムが満載です。トイレットペーパー・トイレに関するうんちく・雑学をはじめ、ネットショップ通販における、激安価格で販売されているトイレットペーパーや珍しいトイレットペーパーをご紹介します。 サイト運営者:Hiromi Saito
ブログランキング・にほんブログ村へ



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス