TOTOの世界のトイレ博物館でトイレの製造過程を見学 - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » ニュース » TOTOの世界のトイレ博物館でトイレの製造過程を見学

TOTOの世界のトイレ博物館でトイレの製造過程を見学

製品のできる過程見学 TOTO中津工場

TOTO中津工場(宮本俊樹工場長)は、リモデルフェアとして同工場を開放し、「世界のトイレ博物館」「工場見学会」などを特別開催した。工場や同社の商品への理解を深めてもらおうと開いた。普段立ち入る機会のない工場が見られるということもあって、朝から多くの人が来場した。

見学会では社員から説明を受け、便器のパーツ同士をつなげる接着加工体験を交えながら、製品の便器ができる過程を見学。子ども連れで参加した中津市の女性(33)は「便器を焼成する前後の収縮などが見られて楽しかったです」と喜んでいた。

世界のトイレ博物館では、中国やタイなど世界各国の便器、武田信玄の畳敷きトイレ「御閑所」をミニチュアで再現したものなどを展示。ミニチュア便器に絵付けができるコーナーでは、子どもたちが思い思いの色付けを楽しんでいた。大分合同新聞

■【サイト案内】トイレットペーパーの幅が1センチ短かったら?
トイレットペーパーの幅が1センチ短かったら?
関連記事
スポンサーリンク


スポンサーリンク