もうこれから、映画鑑賞中のトイレタイムを気にしなくて大丈夫

上映中も安心してトイレに、米国の便利サイトが世界展開へ

アジアと欧州の映画ファンに朗報だ。もう映画館で足を組んだりもじもじすることなく映画を楽しむことができるようになるかもしれない。米国のウェブサイト「Runpee.com」が世界展開に向け準備を進めているからだ。

「Runpee.com」は、映画の最中にトイレに行けるポイントとその長さを示したサイト。これを活用すれば良い場面を見逃すことなく安心してトイレに行くことができる。

このサイトを開発したのはダン・フローリオ(Dan Florio)さん。上映時間が3時間7分の映画『キングコング(King Kong)』(2005年)を1度もトイレに行かずに鑑賞したことで、このサイトを考え出した。

「できれば11月初めまでに実用化したい。そうすればスペイン語、中国語、フランス語、ドイツ語、ヒンズー語で利用できるようになる。わたしの目的は世界制覇だ」

Runpeeの英語版は現在、ツイッター(Twitter)、フェースブック(Facebook)、iPnoneのアプリケーションを使えば世界中で利用できる。グーグル(Google)の基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」や高機能携帯電話「ブラックベリー(BlackBerry)」のアプリケーションも開発が進んでいる。

Runpeeによれば、ほとんどの映画で上映開始から約40分後にトイレのタイミングがあるというが、中にはなかなかトイレタイムがなくて飲み物を飲み過ぎたことを後悔するはめになることもある。例えば『きみがぼくを見つけた日(The Time Traveler's Wife)』では、最初のトイレタイムが上映開始1時間47分後となっている。9月17日 A(c)AFP

【PR】
失業保険と退職金を「2倍に!」

「自己都合」で会社を辞めるのか、「会社都合」で辞めるのか?

辞めて損をしない、賢い退職の方法!

詳細は↓こちら
■失業保険と退職金を「2倍に!」~会社を辞めて100万円得する方法!



関連記事


メニュー

関連グッズ

オシャレで上品なティッシュケース
コンパクトな木製のトイレットペーパーの為の上品なティッシュケース Color MINI(カラーミニ)。天然素材ならではのやさしく温かな風合いと職人さんの手による洗練されたフォルムはティッシュケースとは思えないほど美しいデザインです。トイレットペーパーの幅など気にすることなく経済的に使えることが節約にも活かされます。 ※トイレットペーパーの場合、トイレットペーパーの幅をそのままティッシュケースボックスにセットするだけです。

トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレットペーパーは無くてはならない生活必需品です。 これが無ければ、お尻の清潔は保てません。 当サイトでは、トイレやトイレットペーパーに関する最新の知識や雑学、情報、ニュースを中心に、日常生活全般にわたるおすすめの記事やコラムが満載です。トイレットペーパー・トイレに関するうんちく・雑学をはじめ、ネットショップ通販における、激安価格で販売されているトイレットペーパーや珍しいトイレットペーパーをご紹介します。 サイト運営者:Hiromi Saito
ブログランキング・にほんブログ村へ



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス