自分のお尻にあったトイレットペーパー探し - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » トイレットPaper エンボス加工 » 自分のお尻にあったトイレットペーパー探し

自分のお尻にあったトイレットペーパー探し

トイレットペーパーの種類は様々です。


お尻を拭いたときに、肌触りがとっても気持ちが良いトイレットペーパーとの出会いはうれしいものです。


でも、トイレットペーパーって、つくづく贅沢品なのではないかと思う時があります。


母から聞いた話ですけれど、昔はトイレでは新聞紙を使ってお尻を拭くことがあったのだそうです。


トイレで、新聞を読む癖のある人がいますが、トイレで新聞紙を使ってお尻を拭いていたこととなにか関係があるのでしょうか?


昔は、新聞紙みたいな硬い紙も、お尻を拭くときには、軽く揉み解さなければ、肛門さんがかわいそう。



いまは、お尻も恵まれた時代で、水洗トイレでそんなことしたら、トイレが詰まっちゃうかもしれませんね。


普段使うトイレットペーパーは、毎日使うものあまり高いものをつかうと、もったいないですよね。


トイレットペーパーは、確かに値段が高さに比例して、使用感も良くなっているように感じます。



でも、時としてたまには、良い物を使ってみようとして、高級なトイレットペーパーを購入してもがっかりするときもあるものです。


普段使っているものよりも、もっと気持ちよくお尻を拭けるトイレットペーパーを探しだすための方法について少し。



某製紙メーカーの意見では、「パッケージで“パルプ100%”や“再生紙100%”などの材質表示を
見ていただくと参考になるかもしれません。



パルプの方がやわらかく、再生紙の方が少し硬い場合が多いです」



また、「紙の表面には、ふっくらするよう凸凹のエンボス加工が施してあるんですが、それも判断材料にはなりづらいです。工場によってプレスが微妙に違いますので、凸凹に誤差が出ることもあります」といいます。




この凸凹のエンボス加工は、お知りの清潔を保つ為には、とても効果はあるかと思いますが、使用するときのお知りの心地よさにつながらない場合もあるかもしれません。



少々、値は張るものの保湿力をうたったトイレットペーパーは、ふき取る時と、お尻に対するやさしもかなり極上の使用感を得られます。



ですから、普段、使っている安価なトイレットペーパーも使い方によっては、満足のいく、お尻にやさしい紙に変身する方法を探しています。





【送料無料】【平日即日発送】Forestway/トイレットペーパー 個包装65m(エンボス加工)100ロール スポンサーリンク


スポンサーリンク