トイレットペーパー>使用後の三角折り - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » ニュース » トイレットペーパー>使用後の三角折り

トイレットペーパー>使用後の三角折り

トイレ使用後・三角折り

職場で、お手洗いを使用した後に必ず、トイレットペーパーを三角折りにされている方がいます。
元は、「清掃終わりのサイン」ですよね。ですが、ネットで色々と見ていたところ「それがマナーとする作法の本もある」と知り、びっくりしました。また、細木○子氏も、「そうするのがマナーだ」と公言していたとか。徐々に変わっていくマナーもあるとは思いますが、現在のマナーとしてはどう受け取られているのでしょう?「三角折りをするのがマナー」なのか「本来の意味と違うし、洗ってもいない手で三角折りは逆に失礼」なのか。ちなみに、私は三角折りはしない派です。このところ、公共のトイレでは、ほとんど見かけなくなったと思います。(発言小町より)

私は、やはり、おトイレを拝借すれば、トイレットペーパーの三角折は、使わせていただいた御礼という意味で、感謝の気持ちをその三角折りに残しておくようにしています。

マナーであるとか、清掃が終わりのサインであるとか、1つの決まりごととしてみるよりも、たくさんの方が利用される公共のトイレでは、後に利用する人がその三角折りを見るだけで、トイレが清潔に感じるというほんの少しの気配りの1つなのです。

見えない心をトイレットペーパーの三角折りで感じるなんて、本当に、お知りを懸命に拭いてくれるトイレットペーパーの存在にまず、感謝しなければなりません。



関連リンク
■コラム
■トイレット関連おすすめ商品
■トイレの話題と情報
■【サイト案内】トイレットペーパーの幅が1センチ短かったら?
関連記事
スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toileltutopaper.blog39.fc2.com/tb.php/1419-7e217b0b


スポンサーリンク