「音姫」から知る日本人のトイレのこだわり - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » ニュース » 「音姫」から知る日本人のトイレのこだわり

「音姫」から知る日本人のトイレのこだわり

女性なら誰でも知っている「音姫」。トイレでのプライバシー音を消す装置である。

さっそく音姫を開発したTOTOに話をうかがってみた。
「25秒というのは、社内モニターで算出しました。排尿時間の平均+αを想定しています」

TOTOと言えば、ウォシュレットを開発した時に社員の協力を得てノズルの位置を設計したというエピソードが有名。やはり、音姫開発にも社員のみなさんの協力は不可欠だったようである。「当時はまだ社員ではなかったので詳しくは分からないのですが、おそらくストップウォッチなどを使って個人個人で計ったと思われます」と広報の後藤さん。

音姫が発売されたのは、1988年5月。開発のきっかけは、1978年の福岡での大渇水があったという。日本の多くの女性は、公共のトイレで用をたす際に音消しとして便器洗浄の水を流す習慣があった。いわゆる2度流しである。これだと単純に見積もっても倍の水を余計に使ってしまう。

各トイレの設定によるが、1回流すと10~15リットルもの水を使う。音を消すだけにこれだけの量の水を使ってしまうのは、明らかに資源の無駄使い。そんな無駄使いをなくそうと考え出されたのが、流水音の擬音装「音姫」だった。

TOTOのHPには、「音姫」節水効果事例が掲載されている。それによると松下電器産業(株)で全国43の事業所に「音姫」を1516台取り付けたところ、水道料金を年間6,400万円削減できたのだそうだ。すごい「音姫」効果だ。それと同時にトイレの音を気にする女性の多さにびっくりである。

このトイレの音を気にするのは、世界的にみて日本人が圧倒的に多いのだそうで「音姫」は日本でのみ販売されている。「日本女性の独自の羞恥心なので、海外からいらした女性は日本のトイレに擬音装置があることに驚かれています。」こんなところにも日本ならではの文化があったんですねぇ。

水は大切な資源、無駄使いはやめましょう。 (エキサイトニュース)

関連ページ
■トイレ関連おすすめ商品・グッズ
■【サイト案内】トイレットペーパーの幅が1センチ短かったら?
トイレットペーパーの幅が1センチ短かったら?
関連記事
スポンサーリンク


スポンサーリンク