山ガール用?登山道にトイレ4か所6000万円 - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » ニュース » 山ガール用?登山道にトイレ4か所6000万円

山ガール用?登山道にトイレ4か所6000万円

山男は、自然を見ながら放尿する。

山ガールって言うの?

まあ、さすがに登山道の脇道で、ちょっとトイレっていうのは、恥ずかしいでしょうね。

でも、わたしなら、どこでもいいけどね♪

そんな立派なトイレを作らんでも、エコな簡易トイレでも十分だと思うけどね。

下手すりゃあ街中のトイレなんて、臭くて汚くて、使うのを躊躇するようなトイレもあるよ。

立派なトイレを6000万ものお金をかけてつくれば、それを管理するための人件費や費用が掛かるんじゃねえの?



大阪、奈良、和歌山3府県境の山々を結ぶ全長45キロの登山道「ダイヤモンドトレール」(ダイトレ)に、大阪府が計約6000万円かけてトイレ4か所を増設する計画がある。

山ガール用?登山道にトイレ4か所6000万円

 登山ブームで急増する女性客「山ガール」らを呼び込みたい狙いだが、一方で、「山に街中の便利さを求めるのはどうか」とする意見もある。財政難の折、「山のトイレ」はぜいたく品なのか――。

 府によると、ダイトレは年間約80万人が利用する。近年、初心者の若い女性客も目立ち、快適なトイレの設置を求める声が高まっているという。トイレは現在、支線も含めて計20か所あるが、10キロ以上の「空白区間」もあり、府は9月府議会に提案した補正予算案に4か所の整備費を計上した。女性も気軽に使えるよう、水洗式の個室を想定する。

スポンサーリンク

資材の運搬にヘリコプターを使うなど高額になり、府はこれまで、環境省が整備費の45%を補助する交付金を活用することが多かった。しかし、同省が今年度の交付金枠を使い切っていて申請が認められず、今回は全額府の負担になる。

 それでも、府は今年5月、3府県の周辺10市町村とダイトレ活性化実行委員会を設立し、トイレ増設などの利用促進策を掲げたため、整備を急ぐ。橋下徹知事が委員会設立式典で、「ダイトレの魅力を発信する取り組みをサポートしたい」と約束した経緯があり、府の担当者は「関係自治体が連携しており、今の勢いを潰したくない」と話す。

 金剛山があり、実行委に参加する千早赤阪村の担当者も「コース上に使用済みティッシュペーパーがよく散乱している。環境保全のためにもトイレは必要だ」と訴える。

 予算案に対し、一部府議からは「財政難の折、国の補助も得られないのに慌てて高額トイレを設置することに、府民の理解が得られるのか。山は少し不便なぐらいがいいのではないか」と疑問の声が上がる。

読売新聞



関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toileltutopaper.blog39.fc2.com/tb.php/1923-25827b04


スポンサーリンク