山ガール用?登山道にトイレ4か所6000万円

山男は、自然を見ながら放尿する。

山ガールって言うの?

まあ、さすがに登山道の脇道で、ちょっとトイレっていうのは、恥ずかしいでしょうね。

でも、わたしなら、どこでもいいけどね♪

そんな立派なトイレを作らんでも、エコな簡易トイレでも十分だと思うけどね。

下手すりゃあ街中のトイレなんて、臭くて汚くて、使うのを躊躇するようなトイレもあるよ。

立派なトイレを6000万ものお金をかけてつくれば、それを管理するための人件費や費用が掛かるんじゃねえの?



大阪、奈良、和歌山3府県境の山々を結ぶ全長45キロの登山道「ダイヤモンドトレール」(ダイトレ)に、大阪府が計約6000万円かけてトイレ4か所を増設する計画がある。

山ガール用?登山道にトイレ4か所6000万円

 登山ブームで急増する女性客「山ガール」らを呼び込みたい狙いだが、一方で、「山に街中の便利さを求めるのはどうか」とする意見もある。財政難の折、「山のトイレ」はぜいたく品なのか――。

 府によると、ダイトレは年間約80万人が利用する。近年、初心者の若い女性客も目立ち、快適なトイレの設置を求める声が高まっているという。トイレは現在、支線も含めて計20か所あるが、10キロ以上の「空白区間」もあり、府は9月府議会に提案した補正予算案に4か所の整備費を計上した。女性も気軽に使えるよう、水洗式の個室を想定する。

資材の運搬にヘリコプターを使うなど高額になり、府はこれまで、環境省が整備費の45%を補助する交付金を活用することが多かった。しかし、同省が今年度の交付金枠を使い切っていて申請が認められず、今回は全額府の負担になる。

 それでも、府は今年5月、3府県の周辺10市町村とダイトレ活性化実行委員会を設立し、トイレ増設などの利用促進策を掲げたため、整備を急ぐ。橋下徹知事が委員会設立式典で、「ダイトレの魅力を発信する取り組みをサポートしたい」と約束した経緯があり、府の担当者は「関係自治体が連携しており、今の勢いを潰したくない」と話す。

 金剛山があり、実行委に参加する千早赤阪村の担当者も「コース上に使用済みティッシュペーパーがよく散乱している。環境保全のためにもトイレは必要だ」と訴える。

 予算案に対し、一部府議からは「財政難の折、国の補助も得られないのに慌てて高額トイレを設置することに、府民の理解が得られるのか。山は少し不便なぐらいがいいのではないか」と疑問の声が上がる。

読売新聞



関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


メニュー

(1)

関連グッズ

オシャレで上品なティッシュケース
コンパクトな木製のトイレットペーパーの為の上品なティッシュケース Color MINI(カラーミニ)。天然素材ならではのやさしく温かな風合いと職人さんの手による洗練されたフォルムはティッシュケースとは思えないほど美しいデザインです。トイレットペーパーの幅など気にすることなく経済的に使えることが節約にも活かされます。 ※トイレットペーパーの場合、トイレットペーパーの幅をそのままティッシュケースボックスにセットするだけです。

トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレットペーパーは無くてはならない生活必需品です。 これが無ければ、お尻の清潔は保てません。 当サイトでは、トイレやトイレットペーパーに関する最新の知識や雑学、情報、ニュースを中心に、日常生活全般にわたるおすすめの記事やコラムが満載です。トイレットペーパー・トイレに関するうんちく・雑学をはじめ、ネットショップ通販における、激安価格で販売されているトイレットペーパーや珍しいトイレットペーパーをご紹介します。 サイト運営者:Hiromi Saito
ブログランキング・にほんブログ村へ



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス