トイレのTOTOが、中国に世界初の設備工場を建設 - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » ニュース » トイレのTOTOが、中国に世界初の設備工場を建設

トイレのTOTOが、中国に世界初の設備工場を建設

TOTOが世界初設備を中国新工場に導入する理由


TOTOは、現在建設中の、中国では四つ目となる福建工場にトイレの世界最新鋭設備を導入する。

 住宅建設の急増により中国で2ケタ成長を続ける同社は、福建を内陸部に製品を供給する重要な拠点と位置づけているからだ。

 だが、それだけではない。トイレは陶器という特性上、成形が複雑で、手作業が必要な部分が多い。乾燥させて焼き上げる工程も丸一日近い時間がかかる。「他の産業と比べると、典型的な労働集約型、“3K”工場」(関係者)。そのため中国で従業員の定着率は高くなく、人手が足りないときもあるという。


こうした設備はライバルのLIXIL(旧INAX)や欧米の大手トイレメーカーもまだ始めていないという。

TOTOが新設備に注力する理由はもう一つある。

世界で広がる節水トイレ競争の激化だ。

欧米や中国ではトイレの水量に関して節水規制が定められている。国内に目を転じても、規制こそないものの、新商品競争は激しさを増している。

週刊ダイヤモンド:http://diamond.jp/articles/-/16085

関連記事
スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toileltutopaper.blog39.fc2.com/tb.php/1959-5b0120ee


スポンサーリンク