外科医の長時間に及ぶ手術中のトイレはどうしてる? - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » 手術中のトイレ » 外科医の長時間に及ぶ手術中のトイレはどうしてる?

外科医の長時間に及ぶ手術中のトイレはどうしてる?

オシッコがしたくなるというのは、人間の必然的な生理現象である。


「出物腫物ところ構わず」という言葉もある通り。



でも、長時間の手術の時執刀医はトイレをどうしてるんだろうか?


という疑問が湧いてくる。


ひとりの命とかかわる大切な手術。


医療ドラマなどでも「10時間にも及ぶ大手術の末に生還」なんてこというけど、そんな長時間執刀医や看護師達はトイレを我慢できるの?



でもやっぱり、執刀医はどんなに長時間の手術でもその場を離れる事はないそうなんです。



当然、手術の間にお腹がすいたからって食事も取れない。



まあ、考えてみりゃあ、そうですわな。


お医者さんはとっても厳し条件の中で大切な患者さんの命を繋ぐために、患者さんにつきっきりになって頑張ってくださっているということなんです。




だから、執刀医は手術前にトイレを済ませるのはもちろんの事、前日から長時間の手術に備えて水分を控えるということでなんです。



また、大きな手術の時には、非常時に備えて、執刀医の他に数人の『助手』が付くそうです。






スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toileltutopaper.blog39.fc2.com/tb.php/1986-4210ff83


スポンサーリンク