「和式トイレ」を始めてみる児童が続出、前後逆に座る生徒も - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » ニュース » 「和式トイレ」を始めてみる児童が続出、前後逆に座る生徒も

「和式トイレ」を始めてみる児童が続出、前後逆に座る生徒も

「和式初めて見た」続出 前後逆に座る子も 進む学校トイレの洋式化


老朽化に伴い「汚い・臭い・暗い」の3Kとも揶揄(やゆ)される学校のトイレの和式便器を、洋式タイプに改修する工事が広がっている。生活スタイルの変化で、慣れない和式で用を足せない子供が増加。


洋式化とともに温水洗浄トイレや、流水音などを発する擬音装置を付けるなど高機能化も進む。大阪府内ではこの夏休みに計155の小中学校で改修工事を実施。


トイレを我慢すると健康を損なう恐れも指摘されており、洋式化は教育現場にとって喫緊の課題になっている。



ソース元(続き・詳細)はこちら







関連記事
スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toileltutopaper.blog39.fc2.com/tb.php/2004-05cabaea


スポンサーリンク