【トイレットペーパーの歴史】:いつもお尻がお世話になっている - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » トイレットPaper歴史  » 【トイレットペーパーの歴史】:いつもお尻がお世話になっている

【トイレットペーパーの歴史】:いつもお尻がお世話になっている


いつもお尻がお世話になっている「トイレットペーパー」の歴史


今や世界中の多くの国のトイレで使用されているトイレットペーパーですが、その誕生当初は決してメジャーな物ではなく、トイレの後処理役として独壇場を得るまでに、さまざまな苦難を乗り越えていったようです。


トイレットペーパーが最初に使われたのは、1300年前の中国だったと言われています。トイレでの後処理に紙を使ったのは高い身分の人に限られていたようで、初めて文献に登場した利用者は、6世紀の中国の皇帝や同時代の富裕層だったということです。その後、トイレで紙を使う習慣は中国全土に普及していき、14世紀には浙江州だけで年間1000万個のトイレ用のちり紙が生産されるまでになりました。



こちら>トイレットペーパーのポータルサイト「トイレットペーパーの歴史」

関連記事
スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toileltutopaper.blog39.fc2.com/tb.php/2031-0498103f


スポンサーリンク