トイレに乳児の死体を遺棄した母親を逮捕 - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » 社会 » トイレに乳児の死体を遺棄した母親を逮捕

トイレに乳児の死体を遺棄した母親を逮捕

焼津駅トイレの乳児遺体:遺棄の母を起訴、殺人罪などで地検/静岡

 JR焼津駅トイレで乳児遺体が見つかった事件で、静岡地検は13日、母親のアルバイト店員、梶山弥生容疑者(23)=藤枝市五十海1=を殺人と死体遺棄罪で起訴した。裁判員裁判の対象となる。


 起訴状などによると、梶山被告は昨年8月6日未明、自宅近くの畑で、出産したばかりの男児の胸と腹を刃物で2回突き刺して殺害。同8日、駅トイレに死体を遺棄したとしている。凶器は刃物と特定されているが、発見されていないという。毎日新聞



関連記事
スポンサーリンク

コメント
非公開コメント


スポンサーリンク