明治時代から現代までのトイレと便器の歴史

トイレの歴史楽しんで 茂原の工場で展示 個性派便器も紹介

期間限定の「日本のトイレ博物館」が28日まで、茂原市本納の生活用品メーカー「TOTOハイリビング」の工場で開かれている。

 明治時代から現代までの便器約10点が並べられ、時代とともに進化したトイレの歴史を知ることができる。

 なかには、通常よりも便座が一回り大きい“力士用”や、東京・国立競技場などに設置された“男女兼用”など個性的な便器も展示。足を止め見入っていた来場者も多かった。

 同社の担当者は「トイレが多機能で便利になる過程を知る機会になれば」と話していた。入場無料。 (那須政治)
東京新聞


メニュー

関連グッズ

オシャレで上品なティッシュケース
コンパクトな木製のトイレットペーパーの為の上品なティッシュケース Color MINI(カラーミニ)。天然素材ならではのやさしく温かな風合いと職人さんの手による洗練されたフォルムはティッシュケースとは思えないほど美しいデザインです。トイレットペーパーの幅など気にすることなく経済的に使えることが節約にも活かされます。 ※トイレットペーパーの場合、トイレットペーパーの幅をそのままティッシュケースボックスにセットするだけです。

トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレットペーパーは無くてはならない生活必需品です。 これが無ければ、お尻の清潔は保てません。 当サイトでは、トイレやトイレットペーパーに関する最新の知識や雑学、情報、ニュースを中心に、日常生活全般にわたるおすすめの記事やコラムが満載です。トイレットペーパー・トイレに関するうんちく・雑学をはじめ、ネットショップ通販における、激安価格で販売されているトイレットペーパーや珍しいトイレットペーパーをご紹介します。 サイト運営者:Hiromi Saito
ブログランキング・にほんブログ村へ



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス