明治時代から現代までのトイレと便器の歴史 - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » トイレ 歴史 » 明治時代から現代までのトイレと便器の歴史

明治時代から現代までのトイレと便器の歴史

トイレの歴史楽しんで 茂原の工場で展示 個性派便器も紹介

期間限定の「日本のトイレ博物館」が28日まで、茂原市本納の生活用品メーカー「TOTOハイリビング」の工場で開かれている。

 明治時代から現代までの便器約10点が並べられ、時代とともに進化したトイレの歴史を知ることができる。

 なかには、通常よりも便座が一回り大きい“力士用”や、東京・国立競技場などに設置された“男女兼用”など個性的な便器も展示。足を止め見入っていた来場者も多かった。

 同社の担当者は「トイレが多機能で便利になる過程を知る機会になれば」と話していた。入場無料。 (那須政治)
東京新聞
スポンサーリンク


スポンサーリンク