トイレの水で看守がいじめ~トイレの水流し被告の睡眠妨害 - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » 社会 » トイレの水で看守がいじめ~トイレの水流し被告の睡眠妨害

トイレの水で看守がいじめ~トイレの水流し被告の睡眠妨害

トイレの水流し被告の睡眠妨害、看守を書類送検

水洗トイレの水を繰り返し流して被告の睡眠を妨害したとして、大阪拘置所(大阪市都島区)は10日、29歳と25歳の男性看守2人を特別公務員暴行陵虐容疑で大阪地検に書類送検し、減給の懲戒処分にした。

看守は「被告は保護室に入っているのに、職員に対して騒ぐなど反省の態度がないことに腹を立てた」と話しているという。同拘置所によると、29歳の看守は昨年11月29日午後5時頃から翌30日午前7時頃にかけ、大声を出すなどして保護室に収容されていた30歳代の男性被告に対し、室外にあるトイレの水洗ボタンを39回押し、流水音で眠れないようにした疑い。

交代した25歳の看守にも「お前も寝かせなくていいからな」などと指示し、この看守も5回、ボタンを押して睡眠を妨害したという。保護室には他人に危害を加える恐れがある被告らを収容する。トイレは室内にあるが、水洗ボタンは安全面から室外に設置されており、収容者の申し出で看守が流すことになっている。

同12月、被告が大阪矯正管区長あてに被害申告して発覚。2人は容疑を認め、同拘置所は29歳の看守を減給100分の20(3か月)、25歳の看守を同100分の10(1か月)にした。徳久彰・大阪拘置所長の話「矯正行政に対する信頼を損ない深くおわびする。再発防止に向けて指導や研修を一層充実させたい」
(2009年7月10日21時12分 読売新聞)

 人間のいじめ体質というものは、教育や常識や、経験などでは、なくならないものなのでしょうか?これはいじめというのは、人間の持つ本能的な体質らしい。類は友を呼ぶ。警察官も被告も同じところにいると、心が混ざってしまうのは仕方が無いのか。それともこんなことをする看守達の人格に最初から歪みがあるのか。
関連記事
スポンサーリンク


スポンサーリンク