汚いものを汚いもので拭いて何が悪い?トイレットペーパー製造機 - トイレとトイレットペーパー@情報サイト

トイレとトイレットペーパー@情報サイト ホーム » 節約 エコ リサイクル » 汚いものを汚いもので拭いて何が悪い?トイレットペーパー製造機

汚いものを汚いもので拭いて何が悪い?トイレットペーパー製造機


自分の体からでたものを、汚いと表現するのは、適切ではありません。


でも、一応、表現として汚物などとも言われます。再生紙をその場で作れる機械で、出来立てほやほやのトイレットペーパーでお尻を拭けるということは、ありがたいことです。


機密文書、溶かして固めてトイレットペーパーに 外務省

中央省庁が機密文書を処理する主な方法は、(1)書類ごとにシュレッダーにかける(2)書類を詰めた段ボールごと大型機械で破砕する(3)書類を水に溶かして固まりにする――の三つだ。

例えば法務省は、まず、地下にある大型シュレッダーで書類を刻む。それを回収業者が工場に運んで水に溶かしている。(1)と(3)の合わせ技だ。他に、(1)を徹底して粉状になるまでシュレッダーにかけている省もある。

外務省は(3)だ。関係者によると、地下にある大型機械で、機密文書を水に溶かし、紙粘土の粒のような固まりに加工する。処理能力は1日約2トンという。

書類と水を半分ずつの割合で混ぜ合わせる→パルプ繊維がほどけて書類の形が崩れる→文字が見えなくなったところで、パチンコ玉ほどの大きさに丸める→回収業者に引き渡すという手順だ。これを引き取った業者はトイレットペーパーなどに加工。その一部は再び省内で使われているという。  朝日新聞




関連記事
スポンサーリンク


スポンサーリンク